47Blue Chief-Connecting Rod-Flywheel

   

コンロッド縦の寸法が狭く動きが渋かったので.0004”ホーニング。ローラベアリングのクリアランスFactoryは.0005-.0015”. 今回は.001”確保でき良い動きになりました。

ローラベアリングも一個ずつ全て寸法確認します。たまに違うサイズが入っていたりします。この車両はオーバーサイズが入っていました。

ピニオンシャフトからクランクピンのオイルラインの通路の確認。

コンロッドのサイドプレイも調整します。
なぜかここもクリアランスゼロでした。
欲しいクリアランスになるまで何度も分解、組付を繰り返してスラストワッシャーを入れ替え調整します。今回はクリアランス.017に決定。Factoryは.010-.020” IMG_2343

理想の数値が出ました。

 

クランクの芯だし バラす前はDrive sideで.050程振っていましたが.001以下に調整しました。

最後にもう一度Pinion からオイルラインの確認。

GT

USAWEBSHOP

 - USA